私は、平成31年・令和元年あたりから本格的に集客方法に変化が起きていることを知っていました。

 平成31年以前であれば、Googleの顔色を伺って、記事を執筆する時に、キーワードを2語・3語を活用し、上位表示することが必要でした。

 平成31年Googleは、残酷にもアップデートをしました。

 そのことで、平成31年まで上位表示できていたサイトが次から次へと姿を消し、ツイッターでは「Google許せない」と投稿している人もいました。

 しかし、私はGoogleがアップデートしても何とも思いませんでした。

N811_udewokumu_TP_V

●令和時代の集客は、ググる・エゴサだけに対応していれば、できる程簡単な時代ではなくなりました

 その理由は、私はGoogleの検索だけに頼るのではなく、ツイッターの検索に対応できるようにしていたからです。

 あなたがイメージしやすい言葉だと、ググるとエゴサに対応していたということです。

 平成31年・令和元年のGoogleのアップデートで、ググるで下位表示しかできなくなったからといって、諦めるのは、早いということです。

 あなたが知っているようにGoogleは、頻繫にアップデートするようになっています。

 残念ながら、今回のアップデートではあなたのサイトは下位表示になりましたが、次回のアップデートではどうなるか分かりません。

 あなたが、これまでツイッターに記事を拡散する時に何も考えずに拡散していたのであれば、少しだけ考え方を変えるだけで、あなたは生き残ることができます。

 あなたがツイッターで記事を拡散する前に、あなたのペルソナがエゴサする時に、どんなタグを使うのかを考えて、タグを付けたり、一文を付けて、拡散すれば良いだけです。

 そのことで、あなたの記事はツイッターでは一文・タイトル・タグでエゴサの結果で表示されることになり、ペルソナに見つけて貰いやすくなります。

 なので、あなたがサイトからの集客を捨てることは、辞めた方が良いです。

 しかし、令和時代の集客は、ググる・エゴサだけに対応していれば、できる程簡単な時代ではなくなりました。

 あなたが道端を歩いていると、行き交う人々が手に何を持っているか見たことがありますか。

 あなたが電車のホームを歩いていると、目の前の人が危うく線路に落ちそうになっていた光景を見たことがありませんか。

 行き交う人々の手を見ると、スマフォを握っており、スマフォに夢中になり、電車のホームから危うく線路に落ちそうになったりしているわけです。

 行き交う人々の中には、従来通りググる・エゴサに夢中になっている人もいます。

 しかし、新人類がいます。

 あなたは、「新人類」と思いましたよね。

 新人類は、若年層です。

 若年層は、タグることをしています。


 あなたは、「タグる」と思いましたよね。

 私は、インスタグラムを投稿しているので、理解できました。

 タグるとは、インスタ内でツイッターでエゴサするのと同じことをしているということです。

 タグるとは、Googleでググるのと同じことをインスタで行っているということです。

 どうして、こんなことになってしまったのか。


●あなたもAmazonレビューを見たことがありますか

 私は個人的に考えてみました。

 その結果、若年層はGoogleの検索結果を信じることができなくなっているということです。

 その原因の根底は、Amazonレビューです。

 あなたもAmazonレビューを見たことがありますか。

 私も2日前に見ましたが、「どう見てもあなたは、この書籍を購読していないでしょう」と思えるレビューが良い意味でも悪い意味でもたくさん並んでいました。

 私は1か月前には、ツイッターである書籍についてエゴサした結果、思わず、「お前。馬鹿じゃないの」と思った投稿を見つけました。

 私が見た投稿は、書籍のタイトルしか見たことがない人が、そこから勝手に想像し、全て無料で提供することを執筆してある書籍だと勘違いをし、1人で怒っている投稿でした。

 私は実際にその書籍を購入し、購読しましたが、全て無料で提供することを執筆してある書籍ではなく、如何にSNSを活用してPRして行くのかについて執筆してある書籍でした。

 若年層があまりエゴサを本拠地にしなくなってきたのも、そういうことが原因しているのかもしれません。

 あなたは、笑ってしまいましたよね。

 私も笑ってしまいました。

 若年層が、本拠地としていると思われるタグるから如何に集客するかを考えた場合、私はもはや人間には無理ではないかと考えました。

 令和2年には東京オリンピックがあるので、ついでに執筆しておきますが、海外の旅行客が日本について調べるのもタグるになって来ているようです。


 あなたは、衝撃を受けたんではないですか。

 あなたは、若年層の日本人だけではなく、外国人のことも考えないといけなくなりました。

 あなたは、「困った」と思っているんではないですか。

 あなたは、インターネット通販で販売しているからと言って、余裕をかましているとある日、突然、あなたのインスタは、誰にも見て貰えなくなっているかもしれません。

 あなたは、最近のJC・JK流行語大賞を見ましたか。

 私は、宇宙語にしか見えませんでした。

 あなたは、辛うじて分かる言葉がありましたか。

 しかし、時代はあなたとは無関係に進んでいます。

 あなたが、この記事を購読している今も、JC・JKが新しい言葉を作り、流行らしているかもしれません。

 そう考えると、かつて使われていた言葉が自然消滅していると考えることもできるわけです。

 例えば、あなたが「チョベリバ」と若年層に言ってみて下さい。

IMG_2877ISUMI_TP_V4

●そもそも、タピオカ自体のブームさえ終わっているかもしれません

 あなたが、若年層に「ブルーなんだけど」と言ってみて下さい。

 若年層は、あなたをどんな風に見ていますか。

 まるで、宇宙人を見たような顔をしていませんか。

 まるで、時代遅れなんだけどという顔をしていませんか。

 かつてであれば、チョベリバ・ブルーというタグを使えば、集客ができたとします。

 しかし、令和時代では、チョベリバ・ブルーというタグを使っても、誰も投稿を見ません。

 勿論、集客も見込めません。


 あなたが漸くパピるという言葉の使い方を覚えた時には、若年層は違う言葉を使い、タピオカを飲んでいることを表現するようになっているかもしれません。

 そもそも、タピオカ自体のブームさえ終わっているかもしれません。

 あなたが、ググるだけの時代にビジネスをしているのであれば、若年層の言葉にそこまで敏感になっていなくても集客はできました。

 しかし、エゴサが出てきたあたりからは、あなたが「ビジネスを続けたい」と思っているのであれば、若年層の言葉に少しは敏感になっていなくては集客できません。

 そして、タグるが出てきたあたりからは、あなたは倒産したくないのであれば、常に若年層の言葉に耳を傾け、新しい言葉はないか確認していないといけません。

 あなたは、ググる・エゴサ・タグるの時代にできますか。


 あなたは、「できません」と思いましたよね。

 あなたが、そう思うのは無理もありません。

 インスタに一日中張り付くことができる人でない限り、タグるに対応し、タグるから集客することはまず不可能です。

 例えば、10タグるがあったとしても、良くて3タグるくらいしか集客できません。

 残りの7タグるが、いくらあなたの商品・サービスを気に入る人だったとしても、購入して貰うことはできません。


 その理由は、あなたが見つけて貰えなかったからです。

 あなたは、「うちは若年層をターゲットにしているから、3タグるじゃ困るよ」と思っていますよね。

 しかし、私に泣きつかれても困ります。

 あなたが、これまでテレビ・雑誌で若年層が何を基準に商品・サービスを購入するようになっているのかを把握していなかったのがいけないんです。

 あなたは、「女性が執筆した書籍だから大したことない。どうせ。内容がないんだろう」と思っていたんじゃないですか。

 私から言わせてみれば、あなたは自業自得です。

 あなたは、このままタグるからの集客は諦めて下さい。

 あなたは、「だから、それじゃ困るんだよ」と思いましたよね。

 あなたは、「タグるって何なんだよ」と思いましたよね。


●私は、タグを1語・2語・3語にするのかは、もはや予想がつきません

 タグるとは、インスタグラムで検索をすることです。

 あなたは、これまでインスタを使ったことがありますか。

 あなたは、「1語でタグを付ければ良いんだろう。やっているよ」と思いましたよね。

 残念ながら、あなたが短期的に集客するのであれば、1語でも十分かもしれませんが、長期的の集客したいのであれば、1語では駄目です。

 私は、実際に自分のインスタアカウントで実践しました。

 私は、2語でタグを作り、投稿しました。

 その結果、私がインスタの投稿を忘れていたとしても、かつてはタグられ見て貰えていました。

 あなたは、「え」と思いましたよね。

 私も今は、2語でタグを作り、他のタグと一緒に投稿することで対応できていますが、今後は分かりません。

 私が目を覚ましたら、誰もタグって見つけてくれない状態になっているかもしれません。

 私は、タグを1語・2語・3語にするのかは、もはや予想がつきません。

 「タグを1語・2語・3語にするのかは、その都度学習して行くしかない」と思っています。

 しかし、私はインスタに一日中張り付いていれるわけではなく、長くても10分くらいしか見ていられません。

 あなたは、何分ですか。

 あなたも長くても20分くらいじゃないですか。

 そう考えると、タグを1語・2語・3語にするのか追い続けることは、非常に困難です。

 私は、「一層のこと身代わりが欲しい」と思いました。

 あなたは、どうですか。

 あなたも、「できることなら、そうしたい」と思ったんじゃないですか。

 私は、インターネットで調べました。

 その結果、私の身代わりになることができるであろうインスタのサービスを見つけることができました。

 そのサービスは、極端な話、インスタをしたことがない人でもタグるから集客ができるサービスです。

 公式サイトには、たくさん掲載されていますが、結論は1つです。

YUKA150701038569_TP_V4

●具体的には、フォロワー増加率108倍アップし、来店数増加率66倍アップしたそうです

 あなたに代わって人工知能(AI)があなたに代わってインスタを運用し、タグるから集客をしてくれるということです。

 あなたは、「そんなことできるのかい」と思いましたよね。

 私も正直、疑いました。

 しかし、公式サイトにはお客様の声が掲載されていました。

 「インスタ見ましたと来店されるお客様が増えました」と掲載されていました。

 具体的には、フォロワー増加率108倍アップし、来店数増加率66倍アップしたそうです。


 あなたのお店では、1日何人のお客が来店していますか。

 あなたは、「1日50人かな」と思いましたか。

 単純計算だと、50人×66倍=3,300人になったということです。

 1か月だと3,300人×20日=66,000人です。

 あなたが、販売している商品で一番低い商品がいくらですか。

 あなたが、販売している商品で一番高い商品はいくらですか。

 あなたは、電卓を叩き、言葉にならない言葉が出、喜びと言うよりも、驚いているんではないですか。

 今のあなたの1日の計算をして下さい。

 あなたは、「ヤバ」と思っているんじゃないですか。

 あなたは、これがタグるを8割くらい取れた時の結果であることに気が付いていますか。

 いくら優れたサービスでも10割全てを取ることはできません。

 なので、あなたは、8割で満足しておいた方が良いです。


 あなたは、今回紹介しているサービスを購入したくて、仕方がないんではないんですか。

 私が今回、あなたに紹介しているインスタサービスはfollowmeです。

 あなたが、欲しくてたまらないのであれば、この後は、料金についてだけ執筆するだけなので、遠慮せずに、followmeのサイトに行き、申し込みをして頂いても構いません。

 followmeの価格は、1か月目は初期費用30,000円(税抜き)+月額19,800円(税抜き)=49,800円(税抜き)です。

 本来であれば、あなたには49,800円(税抜き)を支払って頂く必要があります。

 しかし、この記事を執筆しているのは、令和2年1月3日です。

 そこで、特別価格です。

 あなたが、令和2年1月31日までに申し込みをして頂いた場合には、1か月目は、初期費用込みで19,800円(税抜き)で良いです.。


 本来の価格49,800円(税抜き)→令和2年1月31日までの特別価格19,800円(税抜き)です。

 あなたは、令和2年1月31日を待たずに今、申し込みをすることで、30,000円浮かすことができます。

 30,000円は、約2月分の月額です。

 つまり、2か月目分は、本来初期費用で支払うはずだった30,000円から支払えば良いだけです。

 3か月目分は、本来初期費用で支払うはずだった30,000円から2か月目分を引いた差額の少しだけ追加でお金を足し、支払うだけです。

 あなたは、それだけ来店数増加率66倍アップにすることができるかもしません。

 あなたは、「高い」と思いますか。

 私は、あなたが「高い」と思うのであれば、じっくりと考えて欲しいと思っています。

 しかし、先程執筆した初期費用30,000円(税抜き)を0円にできるのは、令和2年1月31日までに申し込みをされた中の先着50アカウントまでです。

 あなたが、この記事を購読したのは、いつですか。

 あなたが、この記事を購読したのが、令和2年1月1日に近いほど、初期費用が0円になるチャンスがあるということです。

 私は、followmeの公式サイトを見る限り、悪いサービスとは思えませんでした。

 followmeを導入したとしても、インスタアカウントが凍結になる恐れはないからです。

 それでいて、followmeにインスタを任せている間、違うことができるからです。

 あなたは、どう思いましたか。

 あなたは、「時間を買ったと思えば安いかな」と思いましたよね。

 私もこれからは、如何に雑務は人工知能に任せて行くことができるかだと思っています。

 なので、あなたがfollowmeを導入し、売上を上げることは良いことだと考えています。


 あなたは、タグるという言葉を知らなくても良いわけです。

 あなたは、若年層の言葉に敏感にならなくても良いわけです。

 あなたは、その間、タグる以外の集客方法に専念することができます。

 あなたが、サービスを導入した途端にアカウントが凍結される可能性があるサービスを導入してしまうといけないので、ここから凍結のリスクは低いfollowmeに申し込みをできるようにしておきます。

 あなたは、followmeを導入し、3か月目で売り上げに変化が起きることに気が付くかもしれません。




FAP2018THG5216_TP_V4