私は、令和2年2月以降ウイルス対策の影響で悪い面も起きていることを知っています。

 しかし、ウイルス対策の影響で良い面も起きているのではないかとも考えています。

 私は、令和2年1月まで家庭を顧みずに会社のためだけに時間を使ってきた会社員が、令和2年2月政府が会社に在宅ワーク要請をし、会社が会社員に在宅ワークを強いたことで、会社員が家庭を顧みることができたのではないかと考えています。

FCFG100153538_TP_V4

●私は、全ての家庭がそうではないと考えています

 私はテレビを観ていると、これまで家庭を顧みなかった会社員が在宅ワークをするようになり、主婦が迷惑していることを取り上げたり、離婚することになるのではないかと取り上げたりしている番組もありました。

 私は、全ての家庭がそうではないと考えています。

 テレビ番組で報じているように主婦が在宅ワークをしている夫を邪魔だと考えたり、いい機会だから離婚しようと考えるのは、令和2年1月までに家族と言うより同居人に近い状態になっている夫婦ではないかとも考えています。

 あなたは、令和2年2月から夫が在宅ワークになったことで「うざい」「離婚して欲しい」と思っていますか。


 あなたは、夫が家にいることで子供の面倒を見てくれたり、あなたが「遠方に買い物に行きたい」と言っているよと、夫があなたに「車を出そうか」と言ってくれているんではないですか。

 あなたが、夫が仕事をしている時間に話掛けると、夫は仕事モードになっているので、あなたに対し、少しだけ冷たく接しているかもしれません。

 しかし、夫はあなた達家族との生活を守るために、懸命に在宅ワークで仕事を続けているんです。

 仮に夫が仕事をする時間にも関わらず、あなたと一緒に何処かに出かけてしまっていることが会社にバレた場合、どうなるでしょうか。

 会社は、夫をリストラ対象にし、ある日、突然、夫は会社からリストラをされ、あなた達は不安な日々を過ごすことになります。

 その理由は、令和2年3月以降転職することは以前よりも難しいことになっているからです。

 あなたと夫は、令和2年2月になってからよく話すようになったんじゃないですか。


●今、この記事を執筆しているのは令和2年3月下旬です

 あなたがテレビを観、「東京の桜が開花しました」と聞いていると、夫があなたに何か言おうとしているんではないですか。

 今、この記事を執筆しているのは令和2年3月下旬です。

 テレビを観ていると、桜の開花情報が報道されています。

 気分転換に外を歩いていると、桜の木には桜が咲き始めています。

 あなたも夫もテレビで「お花見はご遠慮下さい」と報道されているのを観て、桜が咲いている公園に行くことを諦めているんではないですか。


 私は、令和2年2月以降良いこととは、あなたと夫が以前よりも長い時間一緒に過ごすようになり、これまで家族の写真を撮ることができなかったにも関わらず、夫が在宅ワークをすることになったことで、家族の写真を撮る機会ができたことです。

 あなたは、「カメラマンが家に来られても困るんですけど」と思っていますよね。

 今回、私はあなたに提案するのは、プロのカメラマンに桜が咲いている公園で、家族写真を撮影して貰うことです。

 あなたと夫の間に子供がいた場合、令和2年が初めての桜かもしれません。

 あなたは、子供の成長記録を付けているんではないですか。

 あなたが付けている子供の成長記録に令和2年3月・4月の部分については、桜の写真はなく、桜の絵を描くことにしているんではないですか。

 あなたは、子供が文字を読めるようになった時、子供の成長記録を見せることができますか。

 子供があなたが付けている子供の成長記録を見た時、「どうして令和2年の桜の写真はないの」と言って来るかもしれません。


 あなたが子供に「ウイルス対策の影響でないの」と言っても、子供には理解できません。

 私は、令和2年3月下旬に桜がある公園に行きました。

ELFAIMG_1904_TP_V4

●プロカメラマンが撮影した写真が納品され、あなた・夫、子供で見る時にも、会話が弾みます

 その結果、桜がある公園には家族連れがたくさんいて、遊んだり、桜の写真を撮影していました。

 今回、私があなたにおすすめするプロカメラマンは、あなた・夫、子供が遊んでいる瞬間を写真撮影します。


 なので、あなたは花見をしていることにはなりません。

 あなた・夫、子供は、ただ桜が咲いている公園で遊んでいるだけです。

 プロカメラマンが撮影した写真が納品され、あなた・夫、子供で見る時にも、会話が弾みます。

 あれほど、仕事人間だった夫が、あなたと子供に優しく接して来ます。

 子供が成長し、大切な人と結婚することになった時にも、子供が使える写真にもなります。

 そのことで、子供は、温かい家庭で育った子供であることが分かります。

 あなたは、令和2年にプロカメラマンに写真撮影して貰わないつもりですか。

 私から言わせてみれば、とても勿体ないです。

 令和2年という時間は、今しかありません。


 それにも関わらず、あなたはプロカメラマンに写真撮影をして貰わないのは、家族との思い出を捨てているのと同じです。

 今は、夫は会社から在宅ワークを強いられ、家にいることが多いかもしれません。

 しかし、これから夫は会社から出勤するように指示され、再び、会社に出勤するようになるかもしれません。

 その時、あなたは「あの時、写真撮影をしておけば良かった」と後悔することになります。


 あなたは、プロカメラマンに写真撮影を依頼しますか。

 それとも、あなたは桜が咲いている公園に行かずに、いつも通り、過ごしていますか。

 私は、あなたがどちらの選択をしても何とも思いません。

 その理由は、あなた家族の人生だからです。

 あなたが、「プロカメラマンに写真撮影して貰おうかな」と思った時のために、ここからプロカメラマンに写真撮影依頼をできるようにしておきます。

 あなたは、プロカメラマンに写真撮影を依頼したことで、プロカメラマンが撮影した写真を見、「本当に楽しい時間だったよね」と夫・子供と話しています。




baby0FTHG7355_TP_V4