私はかつては自分でショップに足を運び、コーディネートを考え、洋服を購入していました。

 しかし、今の私は自分でショップに足を運び、コーディネートを考え、洋服を購入することをしていません。

 私は仕事のことで頭がいっぱいになり、ファッションについて考える時間があまり取れなくなっていました。

 そんな中でも、スーツについては私は自分でショップに足を運び、納得が行くスーツを仕立てて貰っていました。

 その理由は、簡単です。

 ビジネスにおいて第一印象で仕事を依頼するかどうかが殆ど決まると考えていたからです。

 あなたが洋服を購入しに行った時に、ファッションセンスがない店員があなたにコーディネートを提案し、「これが今の流行りなんです」と言って来ても納得しますか。

seigiman458A6503_TP_V4

●それと同じことが、あなたにも言えるということです

 あなたは心の中で、「本当かよ」と思いますよね。

 あなたが「本当かよ」と思ってしまう理由は、店員がファッションセンスがなかったからです。

 それと同じことが、あなたにも言えるということです。

 私は個人で仕事をしているので、服装は自由です。

 少しお堅いクライアントと打ち合わせをする時だけは、スーツで仕事をしています。

 10年前までは、殆どの会社がサラリーマンの戦闘服であるスーツとネクタイをすることを暗黙の了解としていました。

 会社の中で夏でもないにも関わらず、ネクタイを外していたら、内線が鳴り、「ネクタイをしなさい」と注意されたものです。

 これではまるでネクタイが会社の飼われるために首輪になっている状態でした。

 しかし、時代は変わって行き、徐々に男性でも会社でカジュアルな服装で出勤し、ノーネクタイで仕事をすることを認める会社が出て来ました。

 この時、スーツが戦闘服時代にノーネクタイで出勤していた人は、直ぐに対応できましたが、ノーネクタイで出勤せず、しっかりとネクタイを絞めて出勤していた人は、対応できませんでした。

 会社がカジュアルな服装で仕事をして良いと認めているにも関わらず、スーツを着、ネクタイをし、出勤していました。

 その理由は簡単です。

 その人は、どういう服装がカジュアルな服装というのかが分からなかったからです。

 私も10年前であれば、カジュアルな服装という意味が分かりませんでした。

 しかし、私は個人で仕事をする中で、自分で仕事を調整しながら行って行く中で、かつてのようにファッションについて考える時間もできるようになって来ました。

 冒頭で執筆したように、まだ私は自分でショップに足を運ぶことはしていませんが、雑誌を購読したり、テレビを観たりし、ファッションについて考える時間を取るにしています。

 私は、絶対に外さないファッションポイントを1つだけ知っています。


●あなたは、足を長く見られたことがありますか

 私は、テレビで観る前からそのファッションポイントを実践していました。

 私が実践していたファッションポイントは、黒のジーパンと黒の靴を合わせるということです。

 私は考えたこともありませんが、テレビで話していたカリスマバイヤーが言うには、足が長く見えるそうです。

 あなたは、足を長く見られたことがありますか。

 あなたは、「身長のわりに胴が長いね」と言われたことがあるんではありませんか。

 あなたは、「胴が長いね」と言われる度に、「胴が少しだけ長いだけ」と思い、懸命にお洒落な洋服を探していたんではありませんか。

 あなたが職場に今行くと、お洒落なカジュアルな服装をしている同僚がたくさんいます。

 その中で、あなたが同期のサクラのように毎回同じ服装をしていたら、同期だけではなく、周りの人はどう思いますか。

 同期・周りの人はあなたを見て、「ねえ。あの人、洋服洗っているのかな」とひそひそ話をしているかもしれません。

 あなたはお気に入りの柄があり、何着も同じ柄の洋服を持っており、それを着回しているだけかもしれません。

 しかし、周りの人から見た場合、あなたの印象は、あなたが期待したこととは真逆なことが起きます。

 先程執筆したように「いつ洗濯しているのかな」「ファッションセンスないね」と言われているかもしれません。

 あなたが職場に大切な人がいた場合には、大切な人はあなたのファッションを見て、「最悪。ないわ」と言っているかもしれません。

 あなたはプライベートであれば、週2日だけ1日中同じ服装をする時間が合っても良いかもしれません。

 しかし、ビジネスにおいて、あなたが週5日同じ服装をしていたら、どう思うでしょう。

 あなたは、「カジュアルな服装っていうのが、分からないんだから仕方がないだろう」と思いますよね。

 私もあなたの気持ちが分かります。

 私も10年前、カジュアルな服装を毎日し、出勤している女性社員を見て、「大変だよね」と思っていました。

 少しお洒落な服装をしたら、「それはカジュアルな服装ではない」と言われることもあります。

 少しラフな服装ををしたら、「ここはプライベートの場所ではないんだ」と言われることもあります。

 あなたは、本当はカジュアルな服装をし、出勤したんですよね。

 私もインターネットでカジュアルな服装について調べてみました。

 その結果、多少のお金の支払うことになりますが、外れが殆どないカジュアルな服装を提供しているサービスを見つけることができました。

 カジュアルな服装を提供しているサービスは、女性ものでは比較的多いのですが、男性ものでは私が知っている範囲では殆どありません。

 なので、あなたがこの機会を逃すと、今度いつ男性もののカジュアルな服装を提供しているサービスを見つけることができるか分かりません。

 あなたもビジネスの傍ら、この記事を購読しているかもしれませんので、まずはお金だけ伝えます。
 
 サービス料は、カジュアルプランの場合には、1か月7,800円(税別)です。

 レンタル回数は、月1回までです。

 しかし、あなたは電話で相談するのではなく、LINEで相談することができます。

 私も男性なので分かりますが、LINEで相談できるというのは、意外に敷居が低くありませんか。

 あなたが電話でファッションの相談をしている所に、知人・同僚が近づいて来たら、慌ててあなたは電話を切らないといけなくなります。

 その理由は、知人・同僚があなたに「誰と話をしていたんだ」「もしかして、あの子か」と冷やかして来るからです。

 あなたは真剣にカジュアルな服装を提供しているサービスに相談していたにも関わらず、知人・同僚に恋愛話にすり替えられ、心の中で、「馬鹿じゃないの」と思っています。

 しかし、あなたがLINEで相談している時に、知人・同僚があなたに近づいて来ても、問題はありません。

 あなたは、途中でLINEを打つのを辞めれば良いだけです。

 仮にあなたがLINEでカジュアルな服装のサービスを提供しているサービスに相談している途中だった場合には、1人になった時に続きを打ち、「先程は失礼しました」という文頭から始めれば良いだけです。

 この一文を入れるだけで、LINEを購読している相手もあなたが何か用事があったんだと悟ることができます。

 あなたは、どうしたいですか。

ifaceFTHG5118_TP_V4

●あなたは、leeapを使うようになってからビジネスだけではなく、プライベートも充実し始めるかもしれません

 あなたは、このままスーツとネクタイを絞め、出勤し続けますか。

 あなたは、毎回同じ服装で出勤し続けますか。

 あなたは、プライベートの服装で出勤し続けますか。

 いずれにしても、あなたはそのうち会社だけではなく、クライアントからも少しずつ信頼を失って行くことになるかもしれません。

 あなたを見て、「融通が利かない人だな」と勝手に評価されるかもしれません。

 あなたは「それだけは」と思いましたよね。

 あなたが、「これからもビジネスマンとして活躍し続けたい」と思っているのであれば、今が絶好のタイミングです。

 今、あなたが知っているように会社は少しずつ就業状態を緩めて来ています。

 あなたが率先し、カジュアルな服装で出勤するようになったら、あなたは会社で評価されるかもしれません。

 そして、あなたが社内に大切な人がいる場合には、大切な人があなたを見て「やるじゃん」と惚れ直すかもしれません。

 あなたは「何処のサービスですか」と思いましたよね。

 私が今回あなたに紹介しているサービスは、leeap(リープ)です。

 あなたが、ここからleeapにアクセスできるようにしておきます。

 あなたは、leeapを使うようになってからビジネスだけではなく、プライベートも充実し始めるかもしれません。




tcar170809-0080_TP_V4

▼▼▼関連記事です。
こちらでもleeapについて執筆してあります。