旅人webライター.com

このサイトは、旅行が好きなライターが自分だけのお気に入りのグルメ・スポット、興味を持った商品・サービスについて執筆しています。

 私は、平成31年・令和元年あたりから本格的に集客方法に変化が起きていることを知っていました。

 平成31年以前であれば、Googleの顔色を伺って、記事を執筆する時に、キーワードを2語・3語を活用し、上位表示することが必要でした。

 平成31年Googleは、残酷にもアップデートをしました。

 そのことで、平成31年まで上位表示できていたサイトが次から次へと姿を消し、ツイッターでは「Google許せない」と投稿している人もいました。

 しかし、私はGoogleがアップデートしても何とも思いませんでした。

N811_udewokumu_TP_V

●令和時代の集客は、ググる・エゴサだけに対応していれば、できる程簡単な時代ではなくなりました

 その理由は、私はGoogleの検索だけに頼るのではなく、ツイッターの検索に対応できるようにしていたからです。

 あなたがイメージしやすい言葉だと、ググるとエゴサに対応していたということです。

 平成31年・令和元年のGoogleのアップデートで、ググるで下位表示しかできなくなったからといって、諦めるのは、早いということです。

 あなたが知っているようにGoogleは、頻繫にアップデートするようになっています。

 残念ながら、今回のアップデートではあなたのサイトは下位表示になりましたが、次回のアップデートではどうなるか分かりません。

 あなたが、これまでツイッターに記事を拡散する時に何も考えずに拡散していたのであれば、少しだけ考え方を変えるだけで、あなたは生き残ることができます。

 あなたがツイッターで記事を拡散する前に、あなたのペルソナがエゴサする時に、どんなタグを使うのかを考えて、タグを付けたり、一文を付けて、拡散すれば良いだけです。

 そのことで、あなたの記事はツイッターでは一文・タイトル・タグでエゴサの結果で表示されることになり、ペルソナに見つけて貰いやすくなります。

 なので、あなたがサイトからの集客を捨てることは、辞めた方が良いです。

 しかし、令和時代の集客は、ググる・エゴサだけに対応していれば、できる程簡単な時代ではなくなりました。

 あなたが道端を歩いていると、行き交う人々が手に何を持っているか見たことがありますか。

 あなたが電車のホームを歩いていると、目の前の人が危うく線路に落ちそうになっていた光景を見たことがありませんか。

 行き交う人々の手を見ると、スマフォを握っており、スマフォに夢中になり、電車のホームから危うく線路に落ちそうになったりしているわけです。

 行き交う人々の中には、従来通りググる・エゴサに夢中になっている人もいます。

 しかし、新人類がいます。

 あなたは、「新人類」と思いましたよね。

 新人類は、若年層です。

 若年層は、タグることをしています。


 あなたは、「タグる」と思いましたよね。

 私は、インスタグラムを投稿しているので、理解できました。

 タグるとは、インスタ内でツイッターでエゴサするのと同じことをしているということです。

 タグるとは、Googleでググるのと同じことをインスタで行っているということです。

 どうして、こんなことになってしまったのか。


●あなたもAmazonレビューを見たことがありますか

 私は個人的に考えてみました。

 その結果、若年層はGoogleの検索結果を信じることができなくなっているということです。

 その原因の根底は、Amazonレビューです。

 あなたもAmazonレビューを見たことがありますか。

 私も2日前に見ましたが、「どう見てもあなたは、この書籍を購読していないでしょう」と思えるレビューが良い意味でも悪い意味でもたくさん並んでいました。

 私は1か月前には、ツイッターである書籍についてエゴサした結果、思わず、「お前。馬鹿じゃないの」と思った投稿を見つけました。

 私が見た投稿は、書籍のタイトルしか見たことがない人が、そこから勝手に想像し、全て無料で提供することを執筆してある書籍だと勘違いをし、1人で怒っている投稿でした。

 私は実際にその書籍を購入し、購読しましたが、全て無料で提供することを執筆してある書籍ではなく、如何にSNSを活用してPRして行くのかについて執筆してある書籍でした。

 若年層があまりエゴサを本拠地にしなくなってきたのも、そういうことが原因しているのかもしれません。

 あなたは、笑ってしまいましたよね。

 私も笑ってしまいました。

 若年層が、本拠地としていると思われるタグるから如何に集客するかを考えた場合、私はもはや人間には無理ではないかと考えました。

 令和2年には東京オリンピックがあるので、ついでに執筆しておきますが、海外の旅行客が日本について調べるのもタグるになって来ているようです。


 あなたは、衝撃を受けたんではないですか。

 あなたは、若年層の日本人だけではなく、外国人のことも考えないといけなくなりました。

 あなたは、「困った」と思っているんではないですか。

 あなたは、インターネット通販で販売しているからと言って、余裕をかましているとある日、突然、あなたのインスタは、誰にも見て貰えなくなっているかもしれません。

 あなたは、最近のJC・JK流行語大賞を見ましたか。

 私は、宇宙語にしか見えませんでした。

 あなたは、辛うじて分かる言葉がありましたか。

 しかし、時代はあなたとは無関係に進んでいます。

 あなたが、この記事を購読している今も、JC・JKが新しい言葉を作り、流行らしているかもしれません。

 そう考えると、かつて使われていた言葉が自然消滅していると考えることもできるわけです。

 例えば、あなたが「チョベリバ」と若年層に言ってみて下さい。

IMG_2877ISUMI_TP_V4

●そもそも、タピオカ自体のブームさえ終わっているかもしれません

 あなたが、若年層に「ブルーなんだけど」と言ってみて下さい。

 若年層は、あなたをどんな風に見ていますか。

 まるで、宇宙人を見たような顔をしていませんか。

 まるで、時代遅れなんだけどという顔をしていませんか。

 かつてであれば、チョベリバ・ブルーというタグを使えば、集客ができたとします。

 しかし、令和時代では、チョベリバ・ブルーというタグを使っても、誰も投稿を見ません。

 勿論、集客も見込めません。


 あなたが漸くパピるという言葉の使い方を覚えた時には、若年層は違う言葉を使い、タピオカを飲んでいることを表現するようになっているかもしれません。

 そもそも、タピオカ自体のブームさえ終わっているかもしれません。

 あなたが、ググるだけの時代にビジネスをしているのであれば、若年層の言葉にそこまで敏感になっていなくても集客はできました。

 しかし、エゴサが出てきたあたりからは、あなたが「ビジネスを続けたい」と思っているのであれば、若年層の言葉に少しは敏感になっていなくては集客できません。

 そして、タグるが出てきたあたりからは、あなたは倒産したくないのであれば、常に若年層の言葉に耳を傾け、新しい言葉はないか確認していないといけません。

 あなたは、ググる・エゴサ・タグるの時代にできますか。


 あなたは、「できません」と思いましたよね。

 あなたが、そう思うのは無理もありません。

 インスタに一日中張り付くことができる人でない限り、タグるに対応し、タグるから集客することはまず不可能です。

 例えば、10タグるがあったとしても、良くて3タグるくらいしか集客できません。

 残りの7タグるが、いくらあなたの商品・サービスを気に入る人だったとしても、購入して貰うことはできません。


 その理由は、あなたが見つけて貰えなかったからです。

 あなたは、「うちは若年層をターゲットにしているから、3タグるじゃ困るよ」と思っていますよね。

 しかし、私に泣きつかれても困ります。

 あなたが、これまでテレビ・雑誌で若年層が何を基準に商品・サービスを購入するようになっているのかを把握していなかったのがいけないんです。

 あなたは、「女性が執筆した書籍だから大したことない。どうせ。内容がないんだろう」と思っていたんじゃないですか。

 私から言わせてみれば、あなたは自業自得です。

 あなたは、このままタグるからの集客は諦めて下さい。

 あなたは、「だから、それじゃ困るんだよ」と思いましたよね。

 あなたは、「タグるって何なんだよ」と思いましたよね。


●私は、タグを1語・2語・3語にするのかは、もはや予想がつきません

 タグるとは、インスタグラムで検索をすることです。

 あなたは、これまでインスタを使ったことがありますか。

 あなたは、「1語でタグを付ければ良いんだろう。やっているよ」と思いましたよね。

 残念ながら、あなたが短期的に集客するのであれば、1語でも十分かもしれませんが、長期的の集客したいのであれば、1語では駄目です。

 私は、実際に自分のインスタアカウントで実践しました。

 私は、2語でタグを作り、投稿しました。

 その結果、私がインスタの投稿を忘れていたとしても、かつてはタグられ見て貰えていました。

 あなたは、「え」と思いましたよね。

 私も今は、2語でタグを作り、他のタグと一緒に投稿することで対応できていますが、今後は分かりません。

 私が目を覚ましたら、誰もタグって見つけてくれない状態になっているかもしれません。

 私は、タグを1語・2語・3語にするのかは、もはや予想がつきません。

 「タグを1語・2語・3語にするのかは、その都度学習して行くしかない」と思っています。

 しかし、私はインスタに一日中張り付いていれるわけではなく、長くても10分くらいしか見ていられません。

 あなたは、何分ですか。

 あなたも長くても20分くらいじゃないですか。

 そう考えると、タグを1語・2語・3語にするのか追い続けることは、非常に困難です。

 私は、「一層のこと身代わりが欲しい」と思いました。

 あなたは、どうですか。

 あなたも、「できることなら、そうしたい」と思ったんじゃないですか。

 私は、インターネットで調べました。

 その結果、私の身代わりになることができるであろうインスタのサービスを見つけることができました。

 そのサービスは、極端な話、インスタをしたことがない人でもタグるから集客ができるサービスです。

 公式サイトには、たくさん掲載されていますが、結論は1つです。

YUKA150701038569_TP_V4

●具体的には、フォロワー増加率108倍アップし、来店数増加率66倍アップしたそうです

 あなたに代わって人工知能(AI)があなたに代わってインスタを運用し、タグるから集客をしてくれるということです。

 あなたは、「そんなことできるのかい」と思いましたよね。

 私も正直、疑いました。

 しかし、公式サイトにはお客様の声が掲載されていました。

 「インスタ見ましたと来店されるお客様が増えました」と掲載されていました。

 具体的には、フォロワー増加率108倍アップし、来店数増加率66倍アップしたそうです。


 あなたのお店では、1日何人のお客が来店していますか。

 あなたは、「1日50人かな」と思いましたか。

 単純計算だと、50人×66倍=3,300人になったということです。

 1か月だと3,300人×20日=66,000人です。

 あなたが、販売している商品で一番低い商品がいくらですか。

 あなたが、販売している商品で一番高い商品はいくらですか。

 あなたは、電卓を叩き、言葉にならない言葉が出、喜びと言うよりも、驚いているんではないですか。

 今のあなたの1日の計算をして下さい。

 あなたは、「ヤバ」と思っているんじゃないですか。

 あなたは、これがタグるを8割くらい取れた時の結果であることに気が付いていますか。

 いくら優れたサービスでも10割全てを取ることはできません。

 なので、あなたは、8割で満足しておいた方が良いです。


 あなたは、今回紹介しているサービスを購入したくて、仕方がないんではないんですか。

 私が今回、あなたに紹介しているインスタサービスはfollowmeです。

 あなたが、欲しくてたまらないのであれば、この後は、料金についてだけ執筆するだけなので、遠慮せずに、followmeのサイトに行き、申し込みをして頂いても構いません。

 followmeの価格は、1か月目は初期費用30,000円(税抜き)+月額19,800円(税抜き)=49,800円(税抜き)です。

 本来であれば、あなたには49,800円(税抜き)を支払って頂く必要があります。

 しかし、この記事を執筆しているのは、令和2年1月3日です。

 そこで、特別価格です。

 あなたが、令和2年1月31日までに申し込みをして頂いた場合には、1か月目は、初期費用込みで19,800円(税抜き)で良いです.。


 本来の価格49,800円(税抜き)→令和2年1月31日までの特別価格19,800円(税抜き)です。

 あなたは、令和2年1月31日を待たずに今、申し込みをすることで、30,000円浮かすことができます。

 30,000円は、約2月分の月額です。

 つまり、2か月目分は、本来初期費用で支払うはずだった30,000円から支払えば良いだけです。

 3か月目分は、本来初期費用で支払うはずだった30,000円から2か月目分を引いた差額の少しだけ追加でお金を足し、支払うだけです。

 あなたは、それだけ来店数増加率66倍アップにすることができるかもしません。

 あなたは、「高い」と思いますか。

 私は、あなたが「高い」と思うのであれば、じっくりと考えて欲しいと思っています。

 しかし、先程執筆した初期費用30,000円(税抜き)を0円にできるのは、令和2年1月31日までに申し込みをされた中の先着50アカウントまでです。

 あなたが、この記事を購読したのは、いつですか。

 あなたが、この記事を購読したのが、令和2年1月1日に近いほど、初期費用が0円になるチャンスがあるということです。

 私は、followmeの公式サイトを見る限り、悪いサービスとは思えませんでした。

 followmeを導入したとしても、インスタアカウントが凍結になる恐れはないからです。

 それでいて、followmeにインスタを任せている間、違うことができるからです。

 あなたは、どう思いましたか。

 あなたは、「時間を買ったと思えば安いかな」と思いましたよね。

 私もこれからは、如何に雑務は人工知能に任せて行くことができるかだと思っています。

 なので、あなたがfollowmeを導入し、売上を上げることは良いことだと考えています。


 あなたは、タグるという言葉を知らなくても良いわけです。

 あなたは、若年層の言葉に敏感にならなくても良いわけです。

 あなたは、その間、タグる以外の集客方法に専念することができます。

 あなたが、サービスを導入した途端にアカウントが凍結される可能性があるサービスを導入してしまうといけないので、ここから凍結のリスクは低いfollowmeに申し込みをできるようにしておきます。

 あなたは、followmeを導入し、3か月目で売り上げに変化が起きることに気が付くかもしれません。




FAP2018THG5216_TP_V4

 私は、旅をすることが好きです。

 今から3年前までの私は、仕事に疲れた時は、思いっきり羽を伸ばすために、旅行に行っていました。

 私が、当時少しだけストレスを感じる仕事をしていたので、1か月を乗り切るのもやっとでした。

togitsuFTHG2213_TP_V

●電話の向こう側の人は、私が思っていた通り、クライアントでした

 私が職場に着くと、電話が鳴り、「私よりも早く会社に着いていた人が電話を取るのかな」と思い、私はゆっくりと鞄を置き、パソコンの電源を入れていました。

 しかし、一向に誰も電話に出ようとはしませんでした。

 その理由は、営業時間の5分前の電話だったからです。

 私が、そっと着信番号を確認すると、携帯電話の番号でした。

 私は他の従業員を見、「この人達、何考えているの。営業時間5分前だけど、携帯電話からの着信だよ。クライアントからかもしれないよ」と思いながら、私は完全にパソコンが立ち上がっていない状態にも関わらず、受話器を取り、「お電話ありがとうざいます」と電話を取りました。

 電話の向こう側の人は、私が思っていた通り、クライアントでした。

 クライアントは、私に「どうしましょう。払えないんです。助けて下さい」と今にも泣き出しそうな声で言って来ていました。

 私は、クライアントに「まずは簡単にお話をお聞きしたいので、一度、来店して頂けますか」と言いました。

 クライアントのことを考えると、明日にすることはできない状態でした。

 そこで、私は他の従業員に「今日、予定入っているけど、追加するから」と言い、クライアントに「もしよかったら、本日、来店されませんか。お電話がお話を聞くと、急を要するようでしたので。いかがでしょうか」と言いました。

 クライアントは、私に「本当に今日の今日で大丈夫なんですか。今日だったら、何時でも良いです」と電話の向こうで泣きながら、言っていました。

 私はクライアントとの話が終わり、他の従業員に思わず、「何やっているの。今のクライアント、多分電話でなかったら、どうなっていたか分からないよ」と言いました。

 そして、私が他の従業員に「今後、営業時間5分前でも、着信が携帯だった場合は、全て出るべきだ」と言いました。

 10時を過ぎると、今度は、取引先との電話が私を襲い、気が付くと、13時・14時ということもありました。

 私は14時に漸く一区切りつき、少し遅めのランチに行き、15時に会社に戻ると、他の従業員が表情を変えていた時もありました。

 私が、14時50分頃に会社に戻り、席に座っていると、他の従業員が私に「休憩中申し訳ございません。相談に乗って頂きたいことがあるんです」と少し泣きそうな顔で言って来ることもありました。

 私は、ことの重大さと会社の信用を守るには、他の従業員ではなく、私が電話するのが一番良いと考え、私が他の従業員に電話をしました。

 私が他の従業員の代わりに電話すると、電話の相手は、まず第一声が「あなた誰だよ。担当を出せよ」と受話器の向こう側で大声を上げていました。

 私は、電話の相手に「私は担当に●の上司にあたります。●が失礼なことをしたんでしょうか」と言うと、電話の相手が私に全てのことを話し始めました。

 私は電話の相手が話して来たことが、誤解から生まれる一方的考えもあったので、電話の相手に「お話は伺いました。大変失礼と思いますが、少し誤解されている点もありましたので、修正させて下さい」と言い、1つ1つ修正して行きました。

 電話の相手は、最初の1つを修正した時には、私に「おい。ふざけるなよ。担当の●はああ言っていたんだよ。こっちは、当てにしていたんだよ」と激怒して来ました。

 私は電話の相手に呑み込まれずに、「そうだったんですね。それは大変失礼しました。しかし、何もご事情がないにも関わらず、例外を認めるわけには行かないんです。私が上司を説得できる材料をお話して頂けないでしょうか」と言うと、電話の相手が私に「そこまでして貰わなくても、大丈夫です。私も誤解していたのが、いけないんです。本当に申し訳ございませんでした」と電話を切りました。

 私は他の従業員をそっと呼び出し、「今回は、本当に運が良かったしか言いようがない。どうしてあんな誤解を生んだのか、ここで話してくれる」と言い、原因を突き止め、他の従業員に「次、同じことをした場合には、あなたに進退責任を取って貰うことになるかもしれません」と言い、通常業務に戻りました。

 18時になると、定時を知らせる音楽が鳴り、私は周りを見ましたが、誰1人定時で帰ろうとはしていませんでした。

 私も19時までは、残っていることもありましたが、本当に倒れそうになった時には、18時に1人でも席を立ち定時退社していました。

 あなたは、私が会社に勤務していた時の1日の流れを購読し、どう思いましたか。

 あなたは、あなただった場合、20日持ちましたか。


●これでは、何のために旅行に行っているのか分からなくなります

 私は多々、このような1日が起きた時には、ストレスから月に2回旅行に行かないと気が済まない状態になっていた時もありました。

 しかし、あなたも気が付いたかもしれませんが、私が旅行用の鞄を購入しに行く時間は、殆どありませんでした。


 私は、中学・高校時代に購入したサイズのボストンバッグに必要最低限の旅行グッズを詰め込み、洋服が足りない時には、現地で洗濯をし、乾かしたこともありました。

 これでは、何のために旅行に行っているのか分からなくなります。

 まともに3泊分の旅行グッズを準備した場合には、中学・高校時代に購入したサイズのボストンバッグでは、収まりきりません。

 無理やり詰め込んだ場合、旅行の移動中に鞄が壊れ、旅行グッズが散乱することもあります。

 誰もいない場所で旅行グッズが散乱した場合には、まだましかもしれません。

 しかし、渋谷のスクランブル交差点のような場所で、鞄が壊れ、旅行グッズが散乱してしまった場合には、最悪です。

 通行人は、あなたを「邪魔だよ」「え。そんなの旅行に持って来ているの」を思いながら、見ます。

 あなたは、慌てて旅行グッズを鞄に入れますが、忘れ物をしてしまうことにもなります。

 仮にあなたが新幹線・飛行機に乗る旅だった場合には、あなたは追加料金を支払わないと旅行に行けなくなります。

 あなたが、鉄道会社・キャビンアテンダントに懸命に「既にチケット代は支払ってある」と話しても、「鉄道会社・キャビンアテンダントはあなたに「お客様。大変恐れ入りますが、改めてチケットを購入して頂けないでしょうか」と言われるだけです。

 あなたが仮にチケットを改めて購入できなかった場合には、失うものが最低2つあります。

 あなたは、「え」と思いましたよね。

 1つは、ホテルのキャンセル期間が過ぎているため、100%ホテル代を支払わないといけないことになるかもしれません。

 もう1つは、あなたが旅行に行くことを友達・同僚などに話していた場合には、友達・同僚などへのお土産です。


 今の時代、お土産については現地に行かなくても、購入できる場合があります。

 しかし、思い出話は、現地に行っていないと話すことができます。

 あなたが本当は旅行に行けなかったにも関わらず、あたかも旅行に行ったかのように友達・同僚などに話した場合、内心「え。行っていないのに、よく言うよ」「それ。ガイドブックに載っていた情報えしょう。何年前の話」と思われているかもしれません。

 あなたも友達・同僚などが旅行に行った時の話を聞いた時に、そう思ったことはありませんか。

 そして、あなたが出かけた時に偶然。友達・同僚などがあなたに渡したお土産らしきものを見かけたことはありませんか。

 あなたは、その時、どう思いますか。

PAK86_cyottomimikashite20140321_TP_V

●あなたが、ボストンバッグで旅行に行くつもりですか

 あなたは、友達・同僚などが旅行に行った日程の翌日だった場合には、「本当に旅行行ったのかな」と思いますよね。

 それと同じことをあなたも思われることになるかもしれません。

 あなたの場合には、「仕事で時間を追われたにも関わらず、旅行用の鞄を用意できなかったにも関わらず、本当に旅行に行ったのかな」です。

 あなたが、ボストンバッグで旅行に行くつもりですか。

 あなたが、ボストンバッグで旅行に行った場合、先程執筆したように、大人数が行き交う場所で突然、ボストンバッグが壊れてしまうこともあります。

 しかし、あなたが、キャリーバッグで旅行に行った場合には、大人数が行き交う場所でも突然、キャンセルバッグが壊れる心配はありません。

 そして、今は、少しだけ遠出する人でされ、キャリーバッグを使っている状態です。

 なので、あなたが旅行に行くために、キャリーバッグを使っていても、何とも思われません。

 あなたが女性で1日から3日の旅に出る時には、私はあなたにおすすめのキャリーバッグがあります。

 私は見た瞬間、「女の子らしくて、可愛い」と思ってしまいました。

 可愛いコーデを折角していでも、キャリーバッグでコーデが台無しになることもあります。

 私があなたにおすすめのキャリーバッグは、エース ハントマン 34L スーツケース ダリアベージュです。

 その理由は、エース ハントマン 34L スーツケース ダリアベージュは女性のために作られたキャリーバッグであり、止めたい時にピタッと止まるように作られているからです。

 女性は、男性よりも力が弱くキャリーバッグを押すことも一苦労のこともあります。

 あなたが、恋人と一緒に旅行に行くにしても、恋人も自分のキャリーバッグを持っています。

 なので、あなたが恋人に「押せないよ」と言ったとしても、恋人があなたの分のキャリーバッグを押してくれるか分かりません。

 逆に1人でキャリーバッグを押すこともできない女性だと分かり、その旅行はあなたにとって辛い旅行になることになるかもしれません。

 一緒の部屋に宿泊していても、丸っきり話掛けてくれず、あなたが計画した観光スポットへ一緒に行って貰えたとしても、何処か機械的に対応されるようになるかもしれません。

 あなたが、恋人と恋人の名所に行った時には、恋人から「あ。こういうの無理」と言われ、あなたは寂しい気持ちになることになるかもしれません。

 しかし、あなたが恋人に頼らずに、1人でキャリーバッグを押すことができた場合には、階段では、恋人があなたの分のキャリーバッグを運んでくれるかもしれません。

 旅行中も、あなたと一緒に笑いながら楽しみ、インスタスポットでは、一緒に写真を撮ってくれるかもしれません。

 あなたが恥ずかしがりながら、恋人に「いいよ」と言ったとしても、恋人が「恋人の名所に行こう」とあなたに言って来るかもしれません。

 あなたは、内心「凄く大切にされていることを実感する」ことになります。


 あなたは、「何処に行けば、エース ハントマン 34L スーツケース ダリアベージュを購入できるの」と思いましたよね。

 私は、あなたに「購入せずに、レンタルしてはどうですか」と言いたいです。


●あなたが、「個人から借りるには、ちょっと」と思った場合には、レンタル会社から借りれば良いだけです

 あなたも家がかさばるのは、嫌ですよね。

 本当に使いたい時だけ、使えた方が良いですよね。

 実は、今、自分でも持つという流れから誰かに借りるという流れになって来ています。

 なので、あなたもエース ハントマン 34L スーツケース ダリアベージュをレンタルすれば良いだけです。

 あなたが、「個人から借りるには、ちょっと」と思った場合には、レンタル会社から借りれば良いだけです。

 今回、私があなたにおすすめしたエース ハントマン 34L スーツケース ダリアベージュを借りることができるレンタル会社があります。

 あなたは、「やった」と思いましたよね。

 キャリーバッグは、最悪●万円するものもあるからです。

 しかし、レンタルにすることで、4,000円台から借りることもできることもあるからです。

 その差額をあなたは、旅行で使うのも良いです。

 その差額をあなたは、お洒落に使うのも良いです。


 何よりも、あなたが「他に欲しい」と思ったキャリーバッグがあった場合、既に持っているキャリーバッグの処分に頭を抱えずに済むようになります。

 私が今回あなたに紹介しているレンタル会社は、DMMいろいろレンタルです。

 しかも、あなたには、朗報があります。

 この記事を購読した人だけ、割引クーポンを使うことができます。

 なので、他の人よりもあなたは、少しだけお手軽な価格でレンタルすることができるかもしれません。

 あなたは、「早く予約しないと」と思いましたよね。

 私も1月から4月までは、旅行する人が多いので、できるだけ早めに予約をすることをおすすめします。

 1月から卒業旅行も始まります。

 あなたが「借りたい」と思った女性のためだけのエース ハントマン 34L スーツケース ダリアベージュを借りることができなくなってしまうかもしれません。

 あなたが女性にも関わらず、ごっつい男性用のキャリーバッグを使うことになり、周りの人がひくことになるかもしれません。

 恋人もあなたのキャリーバッグを見た瞬間、「え。もしかして。他に」とあなたのことを疑い始めるかもしれません。

 あなたは、「そんな思いしたくない」と思いましたよね。

 旅行中に喧嘩をすると、数年間は、その場所に行くと、喧嘩したことを思い出してしまうことになります。

 折角、思い出すなら、楽しい思い出の方が良いですよね。

 将来あなたが恋人と結婚し、子供が出来た時に、「ママとパパもここに一緒に来たことがあるんだよ」と言うと、子供があなたに「私も来る」「どんな恋愛だったの」と笑顔で聞いて来るかもしれません。

 先程執筆したクーポンについてもいつまで、使えるか分かりません。

 今、丁度旅行シーズンなので、使えるのかもしれません。

 なので、私はあなたに既に旅行の予定がある場合には、1日も早くクーポンを使える、このページからレンタルの予約することをおすすめします。


 そのことで、あなたは旅行がより一層楽しい思い出になります。




000Yama077_TP_V

 私は、令和元年12月に「遂にこの時が来たか」と思うニュースを見ました。

 私が令和元年12月に「遂にこの時が来たか」と思ったニュースは、Googleが無料で翻訳サービスを提供するというニュースでした。

 あなたは一見すると、「Googleは、以前から無料で翻訳サービスを提供していますが」と思いましたよね。

 私も実際に何度もGoogleの無料翻訳サービスを使ったことがあります。

 私がGoogleの無料翻訳サービスを使うきっかけになったのは、あろうことか大学生のコンテストミスコンでした。

N811_udewokumu_TP_V

●私は、自らミスコンに入って行ったわけではありません

 私がどうして大学生のコンテストミスコンでGoogleの無料翻訳サービスを使うことにしたのか。

 その理由は、ミスコンの審査方法の1つにありました。

 ミスコン運営者が、ミスコン出場者にTwitterでアカウントを作り、そのアカウントを活用し、決められた期間内で1日1回票を投票して貰い、その票についても審査の基準にしたからです。

 私は、自らミスコンに入って行ったわけではありません。

 私がツイッターに投稿したら、ある日を境に急にミスコン出場者が私のアカウントをフォローし始めたことがきっかけです。

 私はミスコン出場者のプロフィールを見、少し共感できそうなミスコン出場者の生配信をまずは観て回りました。

 勿論、ミスコン出場者の生配信もミスコンの審査対象になっていました。

 私は1人のミスコン出場者の生配信を観た時に、思わず1時間以上足を止めてしまいました。

 その理由は、1人のミスコン出場者は、風邪で声が出ないにも関わらず、生配信をし、かすれた声を出しながら、視聴者に話をしていたからです。

 話している内容も男性に媚びているわけでもなく、ただ楽しそうに話していました。

 私はコメントで配信者に「ねえ。どうしてあなたは、ミスコンに出場しているの」と質問しました。

 配信者は、私に「友達に推薦されたからです」と回答して来ました。

 私は、配信者に「あなたの夢は何ですか」と質問しました。

 配信者は、私に「私の夢は、アナウンサーになることです」と回答して来ました。

 私は、この答えを聞いた時、「このミスコン出場者は、他の出場者とは違うな」と思い、「ウザイ」と思われようが、配信者に聞いておかないといけないことがありました。

 私が配信者に聞いておかないといけなかったことは、ミスコンの審査基準です。

 配信者は、嫌がらずに「あ。そうですね。しっかりと皆さんにも分かるようにしないと」と言い、「どうすればいいですか」と言って来ました。

 私は、配信者にマーケティング知識を駆使した方法を伝えると、配信者は私に「ありがとうございます。やってみます」と言い、以降も私が何か言うと、取り入れていました。

 勿論、配信者が途中で「ミスコンを辞めようと考えています」と言って来たこともあります。

 その時は、私は生配信でコメントで、私が思っていることを言うと、「泣いてしまうかもしれない」と思ったので、ツイッターでコメントをし、「本気なら、私はあなたを応援し続けるよ」と投稿しました。

 配信者は、私にコメントで「応援して下さる気持ち、凄く伝わりました。覚悟が決まりました。私はミスコンのセミファイナルに残りたいです。気が付いたことがあったら、これからも遠慮なく言って下さい」と投稿が来ました。

 私は配信者に直した方が良いことや投票して貰うには、理由が必要なことを伝え、「どうしてあなたに無料でも投票しないといけないのかを教えて下さい」と言いました。

 配信者は「私はアナウンサーになりたいです。少し調べると、アナウンサーになるためには、アナウンサー学校に行く必要があり、アナウンサー学校に合格するには、ミスコンでできるだけ上位にならないといけないことが分かりました」と言って来ました。

 私はそこで、配信者のためにひと肌脱ぐことにしました。

 配信者に無料でも投票しないといけない理由は、配信者にはアナウンサーになるという夢があり、その夢を叶えるためには、ミスコンでセミファイナルに残らないといけないからですという定義を設定しました。

 Web投票は、日本人だけが投票できるとは何処にも書かれていませんでした。

 そこで、私はGoogleの無料翻訳サービスを活用し、英語に翻訳し、違和感がある箇所については、少し修正し、SNSに投稿し、配信者に投票して貰うように呼びかけました。


●人は、理由がないと行動しません

 あなたは、「すご」と思いましたよね。

 本来、投票して貰うには、理由が必要なんです。

 人は、理由がないと行動しません。

 このことは、商品・サービスでも同じことです。

 先程、執筆した令和元年12月にGoogleが翻訳サービスを提供するようになるというニュースを購読したある人が、自ら「良く考えていません」と言わんばかりの投稿をしていました。

 ある人は、「Googleが無料翻訳サービスを提供することは、分かっていたけど、こんなに早く実現するとは思っていなかった。これで翻訳機器は売れなくなるな」という旨の投稿をしていました。

 私は、この人の投稿を見た時、思わず、「あなた、頭大丈夫ですか」と思いました。

 Googleが提供する無料翻訳サービスは、スマフォで主に使われることになります。

 その理由は、わざわざiPhoneなどのタブレット端末でGoogle翻訳サービスを使うのであれば、翻訳機器の方が小さく持ち運びが便利だからです。

 そう考えると、翻訳機器はスマフォとだけ戦うことになります。

 あなたは、スマフォは本来の何のために使うものだか知っていますか。

 スマフォは、電話をするために使うものです。

 スマフォは、SNSでやり取りをするために使うものです。

 その証拠に、殆どのスマフォユーザーはスマフォにSNSアプリを入れています。

 スマフォユーザーが、SNSの設定でプッシュ通知オンにしていた時のことを考えたことがありますか。

 私は、SNSでプッシュ通知オンにしたことがあります。

 私は、思わず焦り、SNSでプッシュ通知オフに設定を変更しました。

 つまり、スマフォでGoogle無料翻訳サービスを使い、言葉の壁がある人々がやり取りをしている時間が長くなるにつれて、スマフォで着信が入ったり、SNSのプッシュ通知が画面に表示され、見知らぬ人に誰から電話が掛かって来ているのか。

 誰からSNSの連絡が来たのかを教えてしまうことになる可能性があるということです。


 あなたは、見知らぬ人に誰からスマフォに着信があったのか、見せたことがありますか。

74a232cb8594177ae41d9dcf136fc05a_s

●少し考えるだけでも、医療現場ではどうするんですか

 あなたは、見知らぬ人に誰からSNSのれんらくが来たのか、見せたことがありますか。

 あなたは、着信があった場合には、一緒にいる人に「すいません。着信が入ってしまったので」と少し離れた所で電話に出、話をしているんではありませんか。

 あなたは、SNSの通知が届いた時には、一瞬だけ確認し、後で確認しているんではないですか。

 その理由は、あなたが他人に一々誰から連絡が来たのかを教える必要がないからです。

 なので、私は先程、執筆した「Googleが無料翻訳サービスを提供することは、分かっていたけど、こんなに早く実現するとは思っていなかった。これで翻訳機器は売れなくなるな」と投稿をした人に対して、思わず、「短絡的であり、もっと良く考えよう」と思ったわけです。

 少し考えるだけでも、医療現場ではどうするんですか。

 医療現場では、スマフォの電源を切るように至る所に壁にスマフォの電源を切るように指示する紙が貼ってあります。

 患者が外国人で日本語が話せなかった場合、スマフォの電源を切らないといけないエリアで診療する時には、医師はジェスチャーで外国人の患者に病状を伝えるしかありません。

 外国人の患者も医師が、言っていることが良く分からない状態で治療を受けることになります。

 命にかかわる病状だった場合には、取り返しがつかなくなることもあります。

 そんな時、Googleが提供している無料翻訳サービスではなく、翻訳機器があったら、どうですか。

 医師は日本語を自動で患者が理解できる言葉に変換し、患者により正しい病状を伝えることができ、患者も思っていることを自動で日本語に変換し、医師に伝えることができます。

 そのことで、医師と患者はしっかりと信頼関係を築き、治療を続けることができます。

 このことは、病院だけではありません。

 ホテルでも言えることです。

 チェックインの時に、急にホテルマンがスマフォを弄り始めたら、宿泊客はどう思いますか。

 宿泊客は、「え。何。電話するの。早くチェックインしてよ」と思います。

 しかし、ホテルマンがポケットから翻訳機器を取り出したら、宿泊客はホテルマンに「OK」と笑顔で言い、チェックインをスムーズに出来たことを心から感謝します。

 デパートでも言えることです。

 デパートの店員が、スマフォで電話して良いのは、お客から許可を得た時だけです。

 原則、デパートの店員は、お客の前では、スマフォを弄ることが出来ず、お客から見えない所に閉まっておかないといけません。

 どうしてもデパートの店員がスマフォで電話に出ないといけない時には、お客から見えないバックヤードに行き、初めて電話に出ることができます。

 お客が外国人だからという理由で、急にスマフォをお客の前で弄り始めて良いわけがありません。

 他の日本人のお客は、「うわ。スマフォでなにやっているの」と思い、近くに寄り、外国人のお客を接客していると分かって、初めて、「まあ、仕方がない」と思います。

 しかし、翻訳機器であれば、他の日本人のお客も特に気にせずに、いつものように買い物を楽しむことができます。

 あなたは、これでも「スマフォでGoogleが提供する無料翻訳サービスで全て対応できる」と思いますか。

 仮にあなたが、そう思った場合には、私は止めません。

 ビジネスのシーンでも、スマフォを取り出し、Googleが提供する無料翻訳サービスを使って下さい。


●他のビジネス相手は、スマフォではなく、翻訳機器を取り出し、使っているかもしれません

 他のビジネス相手は、スマフォではなく、翻訳機器を取り出し、使っているかもしれません。

 あなたは、「翻訳機器が欲しい」と思いましたよね。

 私も「Googleが、提供する無料翻訳サービスが悪い」と思っているわけではありません。

 「使う場所をしっかりと考えて、使えば、便利な世の中になる」と思っています。

 しかし、先程執筆したような場面では、スマフォでGoogleが提供する無料翻訳サービス本来のサービスを提供することは、少し難しいかもしれません。

 なので、私は1台は翻訳機器を持っている方が良いと考えています。

 しかし、翻訳機器でもいつまで経っても誤訳をされる翻訳機器など、いりません。

 あなたもそう思いますよね。

 私は、「経験をもとに成長して行く翻訳機器であれば、これからも使って行きたい」と思えます。

 その理由は、毎回同じことで誤訳され、その都度、外国人が誤解し、激怒したら、私はいくら心臓があっても足りないからです。

 あなたは、どうですか。

 あなたも「いくら心臓があっても足りない」と思いましたよね。

 そこで、私はインターネットで調べました。

 その結果、人工知能(AI)を活用し、成長して行く翻訳機器を見つけました。

 私が見つけた翻訳機は、POCKETTALKです。


 価格から伝えると、最低でも19,800円(税別)です。

 あなたは、「19,800円(税別)を高い」と思いましたか。

 私は、「安い」と思いました。

 その理由は、私が話すことが出来ない言語の人と会話をしないといけない時に、瞬時に私を助けてくれるからです。

 それだけでは、ありません。

 誤訳される可能性も低いからです。

 あなたも数年前ニュースになったことを覚えていますか。

YUSEI9V9A5333_TP_V4

●あなたは、これでもGoogleが提供する無料翻訳サービスを完璧に信じることができますか

 日本の記事を英語に訳した記事が問題になりました。

 どうして、誤訳に気が付かなったのか原因を調査して行く中で、担当者が「機械が翻訳するものは全て正しいと思い、確認しませんでした」と言い、如何に誤訳が恐ろしいものかを世間に伝えました。

 私もそれ以降も記事の執筆依頼で、Googleが提供する無料翻訳サービスを利用してもいいので、英語の記事を執筆して下さいと掲載されているライターの仕事は受注していません。

 私は、怖くてできません。

 私が自分で訳し、間違えた場合には、責任を取ることができます。

 しかし、私が一度も勉強したことがない言語をGoogleが提供する無料翻訳サービスに訳して貰い、それをコピペし、インターネットなどに掲載し、それが誤訳だった場合、責任を取ることはしますが、心の中では、納得できません。

 私が「発注者に頼まれて、行ったことです」と言ったとしても、発注者は全責任を私に押し付け、発注者は、私に「え。そんなこと言いましたっけ。あなたが勝手にやったことでしょう」と言うことも考えられます。

 あなたは、これでもGoogleが提供する無料翻訳サービスを完璧に信じることができますか。

 あなたは、これでも翻訳機器を完璧に信じることができますか。

 私は、あなたが自分で確認できない言語については、記事を執筆するべきではないと考えています。

 その理由は、先程執筆した通りです。

 しかし、それ以外の場面であれば、翻訳機器が仮に誤訳をしてしまった場合には、目の前に人がいるので、あなたが「Just moment.」と言えば、如何にか取り返しが付くこともあります。

 スマフォで同じことを行った場合には、あなたが懸命に「Just moment.」と言ったとしても、取り返しが付かず、あなたがスマフォで行っていたことも責められることになるかもしれません。

 あなたは、「POCKETTALKが欲しい」と思ったんではないですか。

 あなたが誤訳をし続ける翻訳機器を購入してしまうといけないので、AIを駆使した翻訳機器POCKETTLKをここから購入できるようにしておきます。

 あなたは、POCKETTALKを使うことで、外国人と会話をするのも怖くなくなるかもしれません。




hotel_uketuke20150220213638_TP_V

↑このページのトップヘ