旅人webライター.com

このサイトは、旅行が好きなライターが自分だけのお気に入りのグルメ・スポット、興味を持った商品・サービスについて執筆しています。

 先日、JR大宮駅から徒歩約30分にある大宮公園に行き、花見をしてきました。

 以前、大宮公園に行った際、東武野田線大宮公園駅寄り入り口から入園しました。

 しかし、今回は氷川参道寄りの入り口から入園しました。

 氷川参道寄りの入り口から入園すると、まず目に入るのが、氷川神社です。

 今回は花見をすることを楽しみに行ったので、氷川神社に参拝せずに進みました。

 道を花見をする場所を探しながら、歩いていると丁度、見ごろの桜が咲いていました。

 その桜の凄さにGoogle Pixel(以下スマホ)で写真を撮りました。
大宮公園桜20190403(1)

 道を更に進めて行くと屋台がたくさん見えてきました。

 たくさん屋台がある中で私はドネルケバブを購入しようと思いました。

 中々、ドネルケバブを販売している屋台を見つけることができません。

 ドネルケバブを探してながら歩いていると、大宮公園駅寄りの入り口付近で桜が咲いているのが目に入りました。

 そこでスマホで桜を撮影しました。
大宮公園桜20190403(2)

 そして更に道を進めて行くと漸くドネルケバブを販売している屋台を見つけることができました。

 注文し、ドネルケバブを渡されるまで店員の手つきを見ていました。

 お肉の切り方、キャベツをパンに挟む手つきは手慣れた印象を受けました。

 また店頭に落ちたゴミも直ぐに拾っていました。

 実際に注文したドネルケバブの写真を今度はiPhoneで撮影しました。
大宮公園桜ドネルケバブ

 甘口・中辛・辛口の3種類とある中で、私は中辛を注文しました。

 早速食べてみました。

 まずお肉の味がし、その後、おそらくコーンをベースにした生地の味がしました。

 私はあまり辛いとは思いませんでしたが、辛いものが苦手な方は少し辛く感じるかもしれません。

 辛いものに慣れている方は中辛から注文し、辛いものが苦手な方は甘口から注文してみることをオススメします。

 もしお花見季節に大宮公園にいらした際には、ドネルケバブを食べながらお花見をするのも良いかもしれません。
 
▼記事執筆者:しんくん
 詳細はコンセプト・運営者が掲載されているこちらをご購読下さい。

 桜の季節になるとお花見をしたい季節になります。

 埼玉県内でお花見スポットとして、オススメがあります。

 オススメは大宮公園です。

 大宮公園は東武野田線大宮公園駅から徒歩約15分、JR線大宮駅から徒歩約30分のところにあります。

 桜が咲く季節に行くと、園内は桜が咲き、とても綺麗です。

 実際に桜が咲いている時期に園内を写真を撮りながら、歩いてきました。

 大宮公園駅寄りの入り口から入ると、まず池が目に入ります。
大宮公園桜1

 丁度、池の傍らに桜が咲いていました。

 少しずつ園内を進むと更に桜が咲いていました。
大宮公園桜2

 そしてお花見季節ということもあり、園内では焼きそば・から揚げ・あんず飴・タイラーメン・ドネルケバブなどの屋台もたくさん出店されていました。

 屋台を楽しみながら、園内を一周するだけでも十分お花見を楽しむこともできます。

 しかし時間に余裕がある方・家族連れの方は気に入った場所でお花見をするのもオススメです。

 大宮公園には何種類の桜が咲いていたので、お花が好きな方・撮影することが好きな方でも十分楽しめます。
大宮公園桜3

 埼玉県にいらした際には、大宮公園に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 ▼記事執筆者:しんくん
 詳細はコンセプト・運営者が掲載されているこちらをご購読下さい。

 現在、取材対応して頂ける店舗・催しを募集しています。

 本サイトは立ち上げたばかりですので、取材費は頂きません。
 
 本サイトのコンセプトは初めて埼玉県を訪れた方、埼玉県をより詳しく知って頂き、本サイトに掲載した情報を基に実際に足を運んで頂くことです。

 フリーペッパーという方法もあります。

 しかし現在、スマホで検索する人が増えて来ています。
大宮公園桜

 ですので、インターネットサイトに掲載した方が情報を見つけて貰えやすくなり、実際に店舗に足を運んで貰えることもあります。

 仮にインターネットサイトで情報を掲載する際、ご自身で記事を執筆したり、広告を掲載することが必要になります。

 そのことで、インターネットサイトで情報を掲載することを諦めてしまうこともあります。

 その結果、インターネットを検索している人に見つけて貰える機会が減り、足を運んで貰える機会が減ることもあります。

 本サイトのコンセプトに共感して頂き、取材対応して頂ける方はこちらからお問い合わせ下さい。

▼運営者について気になられた方は参考記事も引き続き、購読して頂けると嬉しいです
「コンセプト・運営者について」

↑このページのトップヘ