旅人webライター.com

このサイトは、旅行が好きなライターが自分だけのお気に入りのグルメ・スポット、興味を持った商品・サービスについて執筆しています。

 私は、令和2年3月30日の東京都からの更なる外出自粛についての発表、同年同月28日の政府からの今後のウイルス対策についての発表を観ました。

 私は、家族と一緒に会見を観ていました。

 まず政府からの今後のウイルス対策についての発表では、「国民の皆様、ウイルス対策は長期的に見て頂くようお願い致します」という言葉が印象に残り、家族が私に「長期的っていつまで」と質問して来ました。

 私は、家族に「それは分からないよ」と言いました。

 令和2年3月30日の東京都からの更なる外出自粛についての発表では、「今後カラオケ・バーなどについては控えて頂きますようお願い致します」という言葉が印象に残り、家族が私に「え」と言って来ました。

 私は、政府・東京都からの発表で、今後更に宅飲みをする人が増えて行くんではないかと考えました。

TSU1994063_TP_V4

●私は、コンビニで商品を購入する時、思考停止になっている可能性があるからです

 私は、毎朝、コンビニに寄ってから、事務所に出勤しています。

 私は、毎朝、コンビニに寄ってから、事務所に出勤することで、コンビニで何を購入するのかを考えずに、必要な商品を手に取り、レジに持って行き、会計を済ませて、事務所に出勤しています。

 私は、何も考えずに必要な商品を手に取り、レジに持って行き、会計を済ませていることに、危機感を感じました。

 その理由は、簡単です。

 私は、コンビニで商品を購入する時、思考停止になっている可能性があるからです。

 令和2年1月までの私は、コンビニで商品を購入する時、「さて。何にしようかな」と考えながら、商品を選び、購入していました。

 しかし、令和2年3月頃から、私はコンビニで商品を購入する時、思考停止になってしまっている可能性があります。

 あなたは、アルコールを飲みたい時、どうしていますか。


 あなたは、自宅の近所にあるコンビニに行き、アルコールを探し、「まあ。いっか」と言い、アルコールを購入しているんではありませんか。

 あなたは、自宅の近所にあるコンビニに行き、アルコールを探し、「まあ、いっか」と言い、アルコールを購入する生活を1か月間続けているうちに、何も考えなくても、おつまみとアルコールを持ち、コンビニのレジに行き、会計を済ませ、自宅に戻り、おつまみを食べながら、一杯飲んでいるんではありませんか。

 私は、専門家ではありませんが、あなたも思考停止に近い状態になっているかもしれません。


●あなたは、令和2年1月まで楽しかったランチの時間が、辛い時間に変わります

 あなたは、令和2年1月まではあんなにアルコールを飲むことが楽しみだったにも関わらず、令和2年2月以降は、令和2年1月までのときめきがなくなり、まるでルーティンのようのアルコールを飲むようになっていませんか。

 あなたは、1杯目に飲んだアルコールと2杯目に飲んだアルコールのメーカーが違ったとしても、味の違いに気が付かなくなり、「まあ。アルコール飲める分、ましか」と思ってしまっているんではありませんか。

 令和2年1月までのあなたが、会社でアルコール通で名が通っていた場合、再び、会社に出社した時、同僚があなたに「最近のおすすめのアルコールは、何ですか」と聞いて来ることも考えておかないといけません。

 あなたは、同僚に「特にないよ」と言うと、同僚が他の同僚に「ほら。こういう風に、勿体ぶるんですよ。勿体ぶらないで、教えて下さい」とあなたに言って来ます。

 あなたは、同僚に「本当にないんだってば」と言うと、同僚があなたに「え。本当ですか。もしかして、これまで話していたことは、全て受け売りだったんじゃないですか」と言って来ます。

 あなたが、同僚に「そんなことない。きちんと確かめて話していたことだ」と言っても、同僚はあなたに「本当ですか」と疑った目をしながら、言って来ます。

 あなたは、令和2年1月まで楽しかったランチの時間が、辛い時間に変わります。

 あなたが、同僚に「ランチでも行こうか」と言うと、同僚は、あなたに「今日は、1人で食べたい気分なんで」と言われ続けます。

 あなたが1人でランチを食べるために入ったレストランで、同僚が他の同僚と楽しそうにランチを食べている光景を目にすることになります。

 その時、あなたは衝撃的な言葉を耳にします。

 同僚は、他の同僚に「あ。そういえば、●さん、アルコール通で有名だったじゃん。実は、あれは全て受け売りだったらしいよ。酷くない」と言い、他の同僚が同僚に「え。あんなに調子に乗ってアルコールについて語っていたのに。もうあの人と関わるの辞めよう」と言います。

 あなたは、「いやです」と思っていますよね。

 私も以前、アルコールを飲んでいた時期、ワインについては他の人よりも知っている時期がありました。

 なので、私もあなたが「エセアルコール通」と言われることがどんなに辛いことか分かります。

 あなたは、仕方がなく令和2年2月以降、コンビニでアルコールを購入していたんではありませんか。

FCFG100153538_TP_V4

●あなたは、「ワインって高いんでしょう」と思っていますよね

 あなたは、これまで洗礼されたアルコール通としての知識を失う前に、再び、ワインを通販で購入し、自宅で味わいながら、飲みませんか。

 あなたは、ワインを通販で購入し、自宅でも味わいながら、飲み続けることで、再び、会社に出社した時に、同僚があなたに「おすすめのアルコールありませんか」と言って来た時、あなたは同僚に「ワインは興味あるか」と笑顔で言い、同僚があなたに「来ました。ワインですか。教えて下さい」と笑顔で言い、あなたが熱くおすすめワインについて語ることができます。

 そのことで、あなたは令和2年1月までと同様に職場でアルコール通として知れた存在でいれます。

 あなたは、「ワインって高いんでしょう」と思っていますよね。

 実は、今回紹介するワインを購入できるサイトでは、そこまで高くありません。

 売れ筋のワインを見ると、2,480円のワインが売れています。

 あなたが大学生の時のような勢いで、ワインを飲まない限り、1本ワインを購入すれば、最低でも1週間は持ちます。


 そう考えると、あなたはワインを安く思いませんか。

 あなたが、通販でワインを購入し始めると、急に脳が動き始め、あなたは、「ワインにはチーズが合うんだよ。ソーセージも合うんだよな」と言いながら、インターネットでチーズの美味しいお店・ソーセージが美味しいお店を探し、実際に足を運んだり、ネットで取り寄せ、ワインと合うか確認しながら、食べることができます。

 あなたは、その経験をブログに執筆することで、令和2年4月以降、景気が余程悪くならない限り、冷静でいられるようになります。

 その理由は、あなたはブログでおすすめワインを紹介する記事を執筆することで、報酬を受け取ることができるからです。


 あなたのブログを購読した人は、あなたにインタビューをしたいと考え、問い合わせから取材の依頼が入ることもあります。

 取材の依頼が入ったら、あなたは熱くワインについて語ることができ、インタビュアーに「ワイン以外にありませんか」と言われた時には、日本酒について熱く語ることもできます。

 そのことで、インタビュアーはあなたに「意外ですね。和と洋ですか。流石です」と納得しながら、言って来ます。

 あなたは、「どこでワインを購入できるんですか」と思っていますよね。

 私が、今回、あなたにおすすめワインは、Fortify公式オンラインストアーです。

 なので、あなたがワインを注文したにも関わらず、ワインが届かないということはありません。

 あなたは、令和2年3月以降、更に厳しくなったウイルス対策をきっかけにワインで宅飲みをするのもありです。

 今すぐに、ここからFortify公式オンラインストアーからワインを購入できるようにしておきます。

 あなたは、Fortify公式オンラインストアーからワインを購入し、一口飲んだ瞬間に、これまで忘れかけていたアルコール通としての記憶を思い出すことができます。




000Yama077_TP_V

 私は、令和2年2月以降ウイルス対策の影響で悪い面も起きていることを知っています。

 しかし、ウイルス対策の影響で良い面も起きているのではないかとも考えています。

 私は、令和2年1月まで家庭を顧みずに会社のためだけに時間を使ってきた会社員が、令和2年2月政府が会社に在宅ワーク要請をし、会社が会社員に在宅ワークを強いたことで、会社員が家庭を顧みることができたのではないかと考えています。

FCFG100153538_TP_V4

●私は、全ての家庭がそうではないと考えています

 私はテレビを観ていると、これまで家庭を顧みなかった会社員が在宅ワークをするようになり、主婦が迷惑していることを取り上げたり、離婚することになるのではないかと取り上げたりしている番組もありました。

 私は、全ての家庭がそうではないと考えています。

 テレビ番組で報じているように主婦が在宅ワークをしている夫を邪魔だと考えたり、いい機会だから離婚しようと考えるのは、令和2年1月までに家族と言うより同居人に近い状態になっている夫婦ではないかとも考えています。

 あなたは、令和2年2月から夫が在宅ワークになったことで「うざい」「離婚して欲しい」と思っていますか。


 あなたは、夫が家にいることで子供の面倒を見てくれたり、あなたが「遠方に買い物に行きたい」と言っているよと、夫があなたに「車を出そうか」と言ってくれているんではないですか。

 あなたが、夫が仕事をしている時間に話掛けると、夫は仕事モードになっているので、あなたに対し、少しだけ冷たく接しているかもしれません。

 しかし、夫はあなた達家族との生活を守るために、懸命に在宅ワークで仕事を続けているんです。

 仮に夫が仕事をする時間にも関わらず、あなたと一緒に何処かに出かけてしまっていることが会社にバレた場合、どうなるでしょうか。

 会社は、夫をリストラ対象にし、ある日、突然、夫は会社からリストラをされ、あなた達は不安な日々を過ごすことになります。

 その理由は、令和2年3月以降転職することは以前よりも難しいことになっているからです。

 あなたと夫は、令和2年2月になってからよく話すようになったんじゃないですか。


●今、この記事を執筆しているのは令和2年3月下旬です

 あなたがテレビを観、「東京の桜が開花しました」と聞いていると、夫があなたに何か言おうとしているんではないですか。

 今、この記事を執筆しているのは令和2年3月下旬です。

 テレビを観ていると、桜の開花情報が報道されています。

 気分転換に外を歩いていると、桜の木には桜が咲き始めています。

 あなたも夫もテレビで「お花見はご遠慮下さい」と報道されているのを観て、桜が咲いている公園に行くことを諦めているんではないですか。


 私は、令和2年2月以降良いこととは、あなたと夫が以前よりも長い時間一緒に過ごすようになり、これまで家族の写真を撮ることができなかったにも関わらず、夫が在宅ワークをすることになったことで、家族の写真を撮る機会ができたことです。

 あなたは、「カメラマンが家に来られても困るんですけど」と思っていますよね。

 今回、私はあなたに提案するのは、プロのカメラマンに桜が咲いている公園で、家族写真を撮影して貰うことです。

 あなたと夫の間に子供がいた場合、令和2年が初めての桜かもしれません。

 あなたは、子供の成長記録を付けているんではないですか。

 あなたが付けている子供の成長記録に令和2年3月・4月の部分については、桜の写真はなく、桜の絵を描くことにしているんではないですか。

 あなたは、子供が文字を読めるようになった時、子供の成長記録を見せることができますか。

 子供があなたが付けている子供の成長記録を見た時、「どうして令和2年の桜の写真はないの」と言って来るかもしれません。


 あなたが子供に「ウイルス対策の影響でないの」と言っても、子供には理解できません。

 私は、令和2年3月下旬に桜がある公園に行きました。

ELFAIMG_1904_TP_V4

●プロカメラマンが撮影した写真が納品され、あなた・夫、子供で見る時にも、会話が弾みます

 その結果、桜がある公園には家族連れがたくさんいて、遊んだり、桜の写真を撮影していました。

 今回、私があなたにおすすめするプロカメラマンは、あなた・夫、子供が遊んでいる瞬間を写真撮影します。


 なので、あなたは花見をしていることにはなりません。

 あなた・夫、子供は、ただ桜が咲いている公園で遊んでいるだけです。

 プロカメラマンが撮影した写真が納品され、あなた・夫、子供で見る時にも、会話が弾みます。

 あれほど、仕事人間だった夫が、あなたと子供に優しく接して来ます。

 子供が成長し、大切な人と結婚することになった時にも、子供が使える写真にもなります。

 そのことで、子供は、温かい家庭で育った子供であることが分かります。

 あなたは、令和2年にプロカメラマンに写真撮影して貰わないつもりですか。

 私から言わせてみれば、とても勿体ないです。

 令和2年という時間は、今しかありません。


 それにも関わらず、あなたはプロカメラマンに写真撮影をして貰わないのは、家族との思い出を捨てているのと同じです。

 今は、夫は会社から在宅ワークを強いられ、家にいることが多いかもしれません。

 しかし、これから夫は会社から出勤するように指示され、再び、会社に出勤するようになるかもしれません。

 その時、あなたは「あの時、写真撮影をしておけば良かった」と後悔することになります。


 あなたは、プロカメラマンに写真撮影を依頼しますか。

 それとも、あなたは桜が咲いている公園に行かずに、いつも通り、過ごしていますか。

 私は、あなたがどちらの選択をしても何とも思いません。

 その理由は、あなた家族の人生だからです。

 あなたが、「プロカメラマンに写真撮影して貰おうかな」と思った時のために、ここからプロカメラマンに写真撮影依頼をできるようにしておきます。

 あなたは、プロカメラマンに写真撮影を依頼したことで、プロカメラマンが撮影した写真を見、「本当に楽しい時間だったよね」と夫・子供と話しています。




baby0FTHG7355_TP_V4

 私は、アイドルの中でも20歳を超えているアイドルがいることを知っています。

 私は、アイドルでも20歳を超えている場合には、お酒を飲むことを法律では禁止されていないので、どうしているのかなと考えたこともあります。

 私は、SNSでアイドルの発信を見、アルコールを飲むことがあるアイドルがいることを知っていました。

 しかし、アルコールを飲むことがあるアイドルでも、サワーなどの比較的可愛らしいアルコールを飲んでることをSNSで発信しているだけです。

158A8248_TP_V4

●私は、大場美奈のことは、比較的SKE48の中では、応援しているので、「そうなんだ」と思っただけでした

 SKE48大場美奈が何かで「日本酒とかも飲むんですよ」と発言したことがあったことを覚えています。

 流石に大場美奈も空気を読んでいたようで、「ひかないで下さい。アイドルらしくないアルコールです」旨の発言をしていました。

 私は、大場美奈のことは、比較的SKE48の中では、応援しているので、「そうなんだ」と思っただけでした。

 中には、「駄目だよ。アイドルはな、そんなアルコールを飲んではいけないの」と思った人もいるかもしれません。

 私から言わせてみれば、「アイドルは職業なので、得た収入でどんなアルコールを飲んでいても問題ないんじゃないですか」です。

 私も大学時代に女性の先輩でビールは飲めずに、日本酒ばかり飲んでいた先輩がいました。

 私も初めてその光景を見た時には、若さゆえに「え」と思いました。

 しかし、女性の先輩が日本酒ばかり飲んでいる光景を見る回数が増えるに連れて、「日本酒を飲む時には、あの先輩と一緒に飲もう」と思うようになりました。

 その理由は、日本酒ばかり飲んでいるので、外れな日本酒を飲まずに済むからです。

 女性の先輩と一緒に居酒屋で日本酒を飲んだことがあります。

 その時は、1杯目は生中で勘弁して貰えましたが、2杯目からは全て日本酒でした。

 2件目に行っても、1杯目から日本酒でした。

 3件目のカラオケに行くと、1杯目から赤ワインでした。

 私は、女性の先輩に「そろそろ日本酒ではないアルコールを注文したおいたから」と言われ、差し出されたアルコールは赤ワインでした。

 私は、赤ワインを飲み、女性の先輩も赤ワインを飲んでいました。

 あれから10年以上経ち、私も歳を取り、女性がどんなアルコールを飲んでいても何とも思わなくなりました。


●あなたは、「え」と思いましたか

 「アルコールに弱い女性が無理して、アルコールを飲むのだけは、辞めて欲しい」と思うだけです。

 私が、偶然、地下アイドルが日本酒サービスのPRをしているのを知りました。

 あなたは、「え」と思いましたか。

 日本酒のサービスのPRをしているのは、大食いでその名を全国へ知らしめたもえのあずきです。

 あなたは、「もえのあずき」と思いましたか。

 もえのあずきは、テレビではもえあずとして知られています。

 私から言わせてみれば、もえあずは既に大食い選手権に出場し、何回も優勝している時点で、アイドルのイメージからかけ離れています。

 なので、もえあずが、日本酒サービスのPRをしていても何とも思いません。

(引用:もえのあずき公式Twitterアカウント)

 もえあずの投稿を購読すると、これから日本酒を飲みながら、勉強をして行くと投稿しています。

 なので、あなたももえあずがPRしている日本酒サービスを始めることで、一緒にもえあずと日本酒について勉強して行くことができます。

 あなたは、このようなサービスがこれまでにありましたか。


 これまでアイドルと一緒に勉強して行くサービスは、ファンクラブに入会し、いつ発行されるか分からない会報くらいしかありませんでした。

 しかし、今回、もえあずがPRしている日本酒サービスは、定期的に届きます。

 しかも、あなたは名酒を飲みながら、一緒にもえあずと日本酒について勉強することができます。

AL1024kyuntosuru20140830131941_TP_V4

●あなたは、いつもアイドルを応援しているんですか

 あなたが、もえあずと日本酒について勉強しているのを家族が見ていたとしても、あなたは、堂々と家族に「日本酒の勉強をしているんだ」と言えば良いだけです。

 あなたは、いつもアイドルを応援しているんですか。

 あなたは、いつもアイドルのイベントに行く時、家族にどのように言って出かけているんですか。


 あなたは、家族に「休日出勤でね」と言って、アイドルのイベントに行っているんですか。

 令和2年2月からウイルス対策の影響で、あなたは推しメンを応援したくても、できない状態になっているんじゃないですか。

 あなたが応援しているアイドルが、SNS・ブログでしっかりと発信してくれていれば、あなたもウイルス対策が終わったとしても、以前と変わらずに、応援できるかもしれません。

 しかし、あなたが応援しているアイドルが、SNS・ブログであまり発信していなかった場合には、あなたは推しメンから心が離れ、他のアイドルを探し始めているんではないですか。


 あなたは、「そんなはずありません」と懸命に自分に言い聞かせていませんか。

 私も以前、本気で地下アイドルを応援したことがあるので、推しメンがSNS・ブログであまり発信をしなくなった場合、「推し変をしようかな」と考える気持ちは分かります。

 私は、あなたに「もえあずに推し変してしまえば、どうですか」と言いたいです。

 その理由は、簡単です。

 地下アイドルにも関わらず、地上波でも活躍し、日本酒サービスのPRの仕事までしているからです。

 あなたの推しメンは、今、グループ以外で何か仕事をしていますか。

 仮にしていない場合には、あなたは一度冷静になり、推し変するタイミングです。

 仮にしていない場合には、あなたは一度冷静になり、自分の趣味のためにお金を使うタイミングです。

 あなたの趣味は、何ですか。


●私は、あなたに残酷なことを言わないといけません

 あなたの趣味は、日本酒を飲むことなんではありませんか。

 あなたは、本当は日本酒に使いたいお金も推しメンが無理を言い、日本酒に使うはずだったお金も特典会で使うことになってしまっているんではないですか。


 私は、あなたに残酷なことを言わないといけません。

 私があなたに言わないといけないことは、アイドルには卒業があるということです。

 あなたの推しメンが、グループ以外で仕事がある場合には、これまで通り、SNS・テレビで観る日がるかもしれません。

 しかし、あなたの推しメンがグループ以外で仕事がない場合には、卒業式が芸能界引退になることもあります。


 仮にそうなった場合には、あなたは、これまで何のために推しメンに日本酒に使うお金も使って来たのか分からなくなります。

 そうなる前に、私はあなたに日本酒サービスに申し込みをし、もえあずと一緒に日本酒の勉強を始めて欲しいです。

 今回、私があなたにおすすめしている日本酒サービスは、saketakuです。

 saketakuは、ただの日本酒サービスではありません。

 saketakuは、名酒が毎月届くサービスです。

 saketakuは、本来あなたがもえあずのファンクラブに入会しないと届かない連載が届くサービスです。


 あなたが、アイドル好きだった場合には、このことが如何に凄いことか分かりますよね。

 あなたは、「saketakuに申し込みをしたいです」と思っていますよね。

 ここからsaketakuに申し込みできるようにしておきます。

 あなたは、今月からもえあずと一緒に日本酒について勉強を始めることで、気が付くと、日本酒だけに詳しくなっているだけではなく、もえあず推しになっているかもしれません。




KAZ19112C072_TP_V

▼▼▼関連記事です
こちらでは、ワインの通販サービスについて執筆しています。

↑このページのトップヘ